奈良県橿原市の歯科医院 三愛歯科医院 奈良県橿原市新口町133-7 ☎0744−24−3010

三 愛 歯 科 医 院

S A N A I D E N T A L C L I N I C

インプラント

当院のインプラント治療は「安全・確実」を第一に考えております。

インプラントは適切に行えば危険なものではありません。

私はインプラントの師匠から、ガイドを使わないインプラント埋入は、「暗闇でライトを点灯せずに車を運転するようなもの」だと教えられました。インプラントで第一線で活躍する先生がサージカルガイドの時代だと提案しています。

そのため当院ではCTによる評価、コンピューター上でのシュミレーション、サージカルガイドを必須としています。

サージカルガイドが使用できない場合(口が大きく開かない等)や基礎疾患のあるかた、治療が難しいケースには信頼出来る医療機関を紹介いたします。








むし歯や歯周病などで歯を失うと、歯根までなくなってしまいます。
以前は取り外し式の入れ歯か、残った歯を土台にするブリッジしかありませんでした。
しかし、これらの方法では歯根は失われたままですし、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。
また、取り外しの入れ歯は、硬いものを噛むと痛みがあったり、入れ歯が動いたりして、どうしても違和感が残ってしまいます。
インプラント(人工歯根)は骨の中にチタンを埋め込み、それを土台に人工の歯をつくるという治療方法です。
これによって歯冠だけでなく歯根も取り戻すことが可能になりました。



インプラント治療の流れ

@診査・診断





A診断用ステント作製・CT診断

採取した口腔内の模型を技工所で、かみ合わせなどをチェックしながら造影性のあるダミーの歯を作り、マウスピースに取り込みます。

これを患者さんに装着してもらった状態でCTを撮影します。そうすることで、どこにインプラントを埋入するのが最適か判断できます。





B埋入位置の決定・ガイド作製

CTデータと模型・診断用ステントを再度、技工所へ送ります。技工士とパソコン上で埋入位置を吟味します。

技工士と意見を交換し合うことによって無理のない上構物(インプラントの歯にあたる部分)が装着できます。




Cインプラント埋入

ガイドが届くと埋入することができます。

重要な神経血管束などの組織を避けるよう設計されているため安全に、シュミレーション位置からずれることなく確実に埋入可能になります。、





D型採り・上構造物装着





メンテナンス

インプラントは埋入すれば終わりではありません。天然の歯と同じく、適切なケアができなければ傷んできます。






三愛歯科医院
〒634-0802 奈良県橿原市新口町133-7
0744-24-3010

Copyright (c) SANAI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.